SAKETIMES Internationalの新たなスタート!

株式会社Clearでは、2016年5月に日本酒の情報を英語でお届けするSAKETIMES Internationalをリリースしています。

リリースして1年。Clearでは、より世界中の人が日本酒に興味を持つきっかけとなる情報を届けるために、メディアのコンセプトや運用体制を一新し、新たなスタートを切ることを決めました。

そのキックオフを、11月11日に千葉県のいすみ市にあるブラウンズフィールドで行いました。その様子を、SAKETIMES Internationalのディレクター、古川よりお届けいたします。

isumi-1
キックオフ会場の古民家縁側でほっこりする私、古川。

身も心も開放される癒しの空間

東京駅から電車に揺られて1時間半。昔ながらの知恵をヒントに、 豊かな食を中心とした心地よい暮らしを提案しているブラウンズフィールドがキックオフの会場。カフェや宿泊施設、イベントなどが行われる当施設内では、お米や野菜の栽培も行っており、ヤギが草を食む様子は、のんびりとした時間の流れを醸し出しています。

isumi-2
田んぼを背景に、畑の横で”生ける草刈り機”としても愛されるヤギのポール

isumi-3
カフェの中はのんびりとしたつくりで、テラス席や半個室、ロフト席など各々のスタイルでリラックスできる

キックオフ集合はお昼時。カフェで食べたオーガニック・ランチは、素材の味がものすごく濃く、大地の力が全身にみなぎってくるようです。ブラウンズフィールド内のゆっくりとした時間に身を流されそうになりつつ、今日のキックオフでやるべきことの多さを思い出して身を引き締めます。

isumi-4
ブラウンズフィールド内で栽培された無農薬野菜は味がしっかりしていて美味しい!味噌や醤油ももちろん手作り

キックオフ会場も癒し力抜群!縁側、畳、酒タンク五右衛門風呂

キックオフ会場は古民家。縁側にあたたかい陽の光が降り注ぎ、広々とした畳の上に、思わずゴロリ。

isumi-5
色彩のついたガラスが壁にはめ込まれた土間や、ダイニングテーブルのある間などリフォームされた古民家。トイレは最新式なのも嬉しい

isumi-6
広々とした畳に思わずゴロリ

ここには、なんと日本酒のタンクで作られた五右衛門風呂もあるんです!ぜひ次回は日帰りではなく宿泊で来て、美しい満天の星空を眺めて酒タンク風呂に浸かりながら、お酒をクイッといきたいものです。

isumi-7
酒タンク風呂の後ろには、近代的なシャワーや内風呂もついています

世界一のメディアを目指して

さて、遊んでばかりではいられません!遊ぶときは遊び、仕事をするときは真剣に集中して仕事をする!メリハリはっきり取り組みます。頭を突き合わせ、現状を整理し、未来を描き、あぁでもない、こうでもない、と活発に意見を出して議論します。

isumi-8
真剣に議論。気づけばだんだんと陽も暮れていきます

日本酒を海外の人に紹介するとき、あなたはどうしますか?

相手は日本のことをほとんど知らない人です。”SAKE”という言葉すらも聞いたことがないかもしれません。

私たちSAKETIMES Internationalでは、そういう人も含め、世界中の人に”SAKEに興味を持ってもらう”=”SAKE Curious”を増やすことを目指します。

キックオフでは、こういったコンセプトを新たに立て直して共有し、読者ターゲットを具体的にし、どんな情報を誰にどうやって届けるのかを議論しました。

まだまだちっぽけなSAKETIMES Internationalですが、世界中の人が「日本酒について知りたいならSAKETIMES Internationalを見ろ」と当然のように言ってもらえるよう、これから頑張っていきます!

isumi-9
キックオフに参加したジャスティン(右奥)、ランス(右前)、clear代表生駒(左前)と私(左奥)。加え2名のアメリカ人、カナダ人を中心にSAKETIMES Internationalをつくっていきます。