SAKETIMESが”今、日本で一番おいしいお店”を決定する「The Tabelog Award 2019」に協賛!外食産業を通じた日本酒の発展を応援します

月間1億人が利用する「食べログ」主催の”今、一番おいしいお店”を表彰する「The Tabelog Award 2019」に、日本酒専門メディア「SAKETIMES」が協賛をいたしました。

「The Tabelog Award2019」ロゴ

「The Tabelog Award 2019(食べログアワード 2019)」は、レストラン検索・予約サイト「食べログ」 のユーザーによる投票で、いま日本で一番おいしい店を決定するレストランアワード。「食べログ」に登録されている全国約70万店のレストランから総合点4.00を超えた618の名店がノミネート( ※一般投票によって決定)され、その頂点として「Gold」「Silver」「Bronze」の各賞が選出されます。またテーマ別の部門賞では、初ノミネートで高い評価を得たお店や、全国から食通が集まるほど評価の高い地方のお店、サービスが特に優れているお店、さらに料理人から最も尊敬を集める料理人を発表。さらに2019年は、ベストソムリエを選出する賞も新設されています。

授賞式は2019年1月23日(水)に都内で開催され、ノミネートされた全国の名店が一堂に会します。

「外食を通じた日本酒市場の活性化」を応援!

今回、SAKETIMESとして本アワードへの協賛をした背景には「外食産業を通じた日本酒市場のさらなる発展」への期待があります。

日本酒は、多くの方が知るように「料理とともに楽しむ」ことが大きな魅力のひとつです。本アワードで表彰される”top of top”の一流レストランにも日本酒にこだわるお店が増えており、彼らの手によって日本酒の楽しみはさらに奥深いものとなっていくものと考えております。

SAKETIMESでは、アワードの模様を「Gold」を受賞した”日本酒にこだわるお店”のインタビューとあわせて記事にする予定です。どうぞお楽しみに!