「YUMMY SAKE WEEK」最終夜にSAKETIMES編集長の小池が登壇しました!

1月25日〜2月3日まで開催されていたイベント「YUMMY SAKE WEEK」の最終夜にSAKETIMES編集長の小池が登壇し、YUMMY SAKEの代表・山本祐也さんと「どうなる?未来の日本酒業界」というテーマで対談しました。

yummy_sake_week-0

YUMMY SAKE」とは、AI(人工知能)を使った新しい味覚判定サービスです。それぞれの嗜好を「キュンキュン」や「プリプリ」などのオノマトペで分類してくれるのが大きな特徴です。

yummy_sake_week-01

対談の会場となった「YUMMY SAKE COLLECTIVE」は、そのサービスを体験できる専門店。1月25日に代官山でオープンしたばかりです。今回、その開店に合わせて、渋谷・代官山・恵比寿エリアの飲食店や特設会場で「YUMMY SAKE」を体験できる大規模なイベント「YUMMY SAKE WEEK」が開催されました。

登壇前には、小池編集長も自分のタイプを判定してもらいました。結果は「ユラユラ」でした。

yummy_sake_week-02

会場には一般の日本酒ファンや業界関係者など、15名ほどが集まりました。

「SAKETIMES」と「Yummy Sake」、ビジネス的なアプローチは違いますが、根底にある日本酒への熱い思いと、日本酒のポジティブな未来に圧倒的な確信を抱いているのは、ふたりの共通項。その熱意は、参加者にも伝わっていたように感じます。

yummy_sake_week-03

実は、SAKETIMES編集部のオフィスから「YUMMY SAKE COLLECTIVE」までは徒歩5分というご近所さん。これからも日本酒ベンチャーとして、積極的に交流・刺激し合っていきましょう。

お声がけいただいた「YUMMY SAKE株式会社」様、そして、イベントにご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました!